改造費助成制度

市町村による助成制度のため、各市町村ごとに条件などが異なります。支給は約1~2か月後です。
たなごころ では、お客様が助成金を使ってお得にリフォームができるよう、万全のサポートを行っております!

 

必須条件

1.介護保険住宅改修費支給制度を1度も利用したことがない。
2.工事を検討している住宅に住んでいるすべての方が、前年所得金額600万円以下。
3.これまでにこの制度を利用したことがない。
4.耐震診断を受ける。(高砂市・加古川市・姫路市は必要です。受けるにあたって補助金が出ます。)

 

対象 主に、高齢者(60歳以上)と同居している世帯。要介護・要支援認定の有無は関係ありません。
支給限度額 100万円(助成率1/3)
対象工事 3か所以上、工事をすることが条件です。また、必須工事や箇所ごとの限度額があります。
1.浴室・洗面所限度額400,000円
浴室出入り口の段差解消(必須)・手すり取り付け(必須)・入り口の開口幅を広げるための間仕切り壁改造・折れ戸や引き戸への取り替え・ワイド形照明スイッチへの取り替え・浴槽の取り替えなど
2.トイレ限度額300,000円
和式トイレから洋式トイレへの取り替え、または洋式トイレの設置(必須)・手すりの取り付け(必須)・段差解消のため床の張り替え・人感センサー照明スイッチへの取り替えなど
3.玄関限度額200,000円
手すりの取り付け(必須)・上がりかまちの段差解消のための式台設置・上がりかまちの足下灯設置・濡れても滑らない材料への取り替えなど
4.廊下・階段限度額100,000円
階段部への滑り止めの取り付け(必須)・手すりの取り付け(必須)・足下灯の設置・階段の踏込板の取り付けなど
5.居室限度額100,000円
手出入り口の段差解消(必須)・段差解消のための床張り替え・畳からフローリングへの床張り替えなど
6.台所限度額100,000円
レバー式水栓等への取り替え(ツーバルブ→シングルレバーなど)(必須)・流し台の改造・段差解消のための床張り替えなど